漫画制作とシステム開発のやりがいの共通点

漫画家の仕事には、創作のやりがいがあります。
何もないところから価値あるものを生み出す喜びが、漫画家の仕事にはあります。その漫画家からシステムエンジニアに転職するのも、仕事にやりがいを期待している部分が大きいです。
システム開発もまた、物を作る仕事の一つです。漫画制作とシステム開発では、仕事のスタイルは大きく異なります。

しかし、価値ある物を生み出すという部分で共通点は大きいです。
そのため、たとえ職業は違っていても、得られるやりがいには似た部分があります。ただしシステムエンジニアの場合には、情報技術についての知識や技能を持つ必要があります。漫画制作とは大きく違う部分があるのも事実です。
そのため、転職を前にして、情報技術分野の技術者として仕事ができるかどうか、判断が必要です。技術者として通用する実力を身に付けるため、資格試験を参考にする方法があります。

厳しいようですが、システム開発関連の資格を取得できないようでは、とてもエンジニアとしての仕事はこなせません。もし資格取得に手こずるようであれば、転職を考え直すのも判断のうちです。資格試験の勉強を通じ、次第にシステム開発の仕事がどのようなものであるのかが明るみになります。こうした資格取得の過程を経て、本当に技術者としてやっていけるかどうか見極めを行うのもいいでしょう。こうして関門を潜り抜けて、それでもシステム開発の仕事を目指したいと考えるのであれば、本物の適性があるといえます。