漫画家から転職し易いシステムエンジニア

漫画家からシステムエンジニアの転職と言うのは、文系的な内容から理系的な内容へと仕事を変える事になるため、職業的には適していないと考えるのが一般的です。
システムエンジニアに必要なスキルと言うのは、地道にコツコツとプログラムを組んで行く事であり、地道に行う作業と言うのは、漫画を描く上でも同じ事が言えます。

システムをプログラムで理論的に組んで行くためには、細かな場所にまで意識を働かせる必要性があります。漫画を描く上でも同じ事が言えまして、細部まで描く意識は、プログラムを組む上での細かな意識を働かせるのと共通する所があります。
現在のシステム開発は、業者同士の競争が激しく、新しい発想力を持ってシステムを作り出して行く必要性が高くあります。与えられた指示に従って、ただ仕事を行なっていけば良い様な業界では無くなりつつあり、無から生み出す力の創造力をも求められる場合もあります。

もちろん、漫画家は他人を真似なく新しい物語を作り出して行く必要性があり、漫画家が持つ創造力は大いに発揮する事が可能です。システムを開発する場合は、一人で行うのでは無く、プロジェクトを組んで行う事が一般的です。
その中には、依頼者を含めながらの打ち合わせや会議が行われる事もよくあります。この様な場所では、会話術が必要な事もあり、漫画家が描く物語での会話が大いに役立てれる事も期待する事が出来ます。何よりも漫画家は物語を描く上での知識欲を持ち合わせているため、システムエンジニアに必要な知識も積極的に吸収し易いメリットがあります。
この様な事を理由として、一般の人よりも漫画家からの転職は行ない易いと言えるでしょう。